OUTERSIDE

日常の外側へ

新ギア 16-17シーズン

 

f:id:outerside:20161119152430j:plain

メンテに出していたボードが帰ってきました。

 

 

 

f:id:outerside:20161119152524j:plainクラック等もサービスで全て直してくれました。

 

 

前回痛んだソールも綺麗になって戻ってきました。

f:id:outerside:20161119152610j:plain

・・・気持ちストラクチャーが無くなったような気がするんだけど、気にしない。

 

 

 

 

今年は新たに1枚追加します。

 

f:id:outerside:20161119153403j:plain


クリプト163

 “ロシニョールのオールマウンテン・ボードは前後非対称の形状になっています。AmpTek(アンプテック)と呼ばれるロッカーシステムとマグネトラクションエッジ構造によりあらゆる状況下で最高のエッジグリップを発揮しAmpTek All-Mountain Roker(アンップテック・オールマウンテン・ロッカー)構造がパウダーシーンなどより自然に近い環境において乗り心地をもたらしてくれるでしょう。” 

だって。

 

 

元来エクストリーム志向なので、ビッグマウンテン用のXVからフィードバックされたこの板が前から気になっていました。

 

www.youtube.com

 

 

 

f:id:outerside:20161119154532j:plain

f:id:outerside:20161119153440j:plain

f:id:outerside:20161224095531p:plain

7つの波を持つウェーブエッジ(マグネトラクション)。パウダーではゲンテンより一押しする人もいて、ドカ雪の降った岩鞍の西山(平日はリフトのおじさんとよく2人きりになる)とかでも重宝しそう。

もちろん、バックカントリーのためのような板で、オールマウンテンボードとして関東にはないスケールの大きな山をいっぱい滑り込みたいな。

 

 

いつも覗いているレビューサイト
重くてトリック系には向いてなさそう。

thegoodride.com

 

 

シーズン落ちを底値まで見届けて購入( ̄^ ̄)(US $224.95!)
関税は千円ちょっと。

f:id:outerside:20161120071445j:plain

 


バインはバートンのカーテルと迷ったけど、以前壊れたことを考えるとフレックスの近いTTに。欲しかった15TTが奇跡的に1つ残っていました。

f:id:outerside:20161224095417j:plain

f:id:outerside:20161224095456j:plain

 

普段から硬くてレスポンスが強いものを使っていたので、今回は自由度がありフルパワーでも踏み込めるものにしました。

 

 

 

曇っては暖房機に突っ込んで乾かしたりなど、手荒く使っていた安物のゴーグルも一新。OAKLEYのFlight Deckは新色のピンク・イリジウム

f:id:outerside:20170719210652j:plain

f:id:outerside:20170719211602j:plain

もはや金欠です。

 

 

そんな中、セカンドハンズにあったBurton Ronin CW Jump Suitをプレゼントされました!うれしぃー!!厳寒期には重宝しそう。

 

f:id:outerside:20161224100333j:plain

 

 

前売りチケットも到着。

f:id:outerside:20161224100123j:plain

f:id:outerside:20170719195736j:plain

 

行ききれるかなぁ…さぁこれでどうなんでしょう?

 

f:id:outerside:20161203135945j:plain

 

こちらの準備は整ってきましたよ。

 

f:id:outerside:20170719195945j:plain

 

 

 

 

 

+++おまけ+++

 

 

最近、と言っても去年から気になっている、F-BOMのゴーグル。
スタートアップで出資金集めしていたけど、今シーズンの販売に間に合ったみたい。

f:id:outerside:20161119164904j:plain

これ、ボタン押すとあのやっかいな曇りを取ってくれます。

吹雪くようなコンディションで一度でもこけたら曇って凍ってしょうがないを完全に解決してくれるゴーグル。

ゴーグルが逝っちゃうとどうにもこうにも滑れなくなるので、この対策は相当重要です。

国内のディーラーはまだ無いようだけど、オンラインで取り寄せることもできるようで。およそ30,000円なり

 

Abom.com | Fog Free Ski Goggles |


サイトに説明が載ってます。

Our patented KLAIR™ technology places an invisible heat-conductive film between a two-part lens. The battery sends a current through the film to heat the lens and keep fog away all day. It's the most powerful, comfortable, effective technology ever put in a goggle.

いわく、「レンズの間に透明の熱伝導性フィルムがあって、加熱することで曇りを止める」と。
つまり、車のリアガラスにある熱線を温めて曇りを止めるのと似たような仕組み。

曇り防止のファン付きのおもちゃみたいなゴーグルより、こういうのがボーダーとしては一番ストレスが少ないです。

 

vimeo.com

RideOnのゴーグルも気になるけど。

 

 

そして、何よりも去年からコレが最高に気になる。

f:id:outerside:20161119165325j:plain

放り投げるだけで自動で追いかけて撮影してくれる空撮ドローン。

一人で行くときのお供としてカワイイ。

 


宝台樹行く時いっつも気になるあの左手にある貸切みたいなスキー場なら許可もらえるかとひそかに期待してるけど

www.youtube.com

 


発売延期中で当初の倍以上の価格になっちゃった。

この手のものはまだまだ進化しくだろうし、受け入れる土壌も育っていくのかな。
きっとドローンOKのスキー場も出てきそうですね。

https://www.lily.camera/